こんな時は速やかに退職代行を!パワハラ企業の「おかしな言い分」

こんな時は速やかに退職代行を!パワハラ企業の「おかしな言い分」

パワハラのある会社では、退職する際の嫌がらせ行為も過酷です。能力を否定されたり、退職意思が固いと分かると厳しい業務や立場を押し付けてきます。

一人で頑張る必要はありません。まずはここで紹介する毅然とした態度・語調で対応して、それでもだめなら退職代行を頼りましょう。

パワハラ企業にありがちな、退職しようとする人に対する厳しい仕打ち・事例をまとめて紹介します。

 

退職者へのパワハラ1「再就職できないと脅される」

退職の意思を伝えようとすると、引き留めるためにこんなことを言われる場合があります。

 

「今辞めると経歴が傷ついて再就職できない」

「このあたりの企業は全部知り合いだから、どこも雇ってくれない」

 

どちらの言い分も間違いです。一旦会社を辞めると再就職が難しいというのはもう前時代的な価値観で、現代はむしろ「企業が働いてくれる人を探している」時代です。また、暗に他の会社へ悪評を流すという脅しは、ともすると脅迫罪に問われかねません。

こんな言い分で従業員を引き留めるのは、今の会社にとって欠かせない存在だからです。辞められてしまうことで他の従業員の士気がさがり、業務が継続できないことを心配している可能性があります。

 

脅す上司への対応は、たった2つです。

  • 次の就職のあてがあることを伝える
  • 周囲の同僚や他の上司にきちんと挨拶をして、ご理解をいただく

それでも退職届が受理されないようであれば、第三者を通して意思を伝える必要があるでしょう。

 

退職者へのパワハラ2「引き継ぎを強要される」

引継ぎを強要されたときは退職代行に

辞意を伝えると「新しい人を雇うから引き継ぎを完璧に終わらせてほしい」といった要求を突きつけられることがあります。一見正当性のある主張に思えますが、実はまったくそのようなことはありません。

そもそも、退職する人に引き継ぎの義務があるとしている法律はありません。就業規則に盛り込まれていたとしても、ほとんど無効と言える主張です。

 

こんな上司の言い分への対応方法は、次のポイントを押さえて要求を伝えることです。

  • 退職日を決めて宣言する
  • 引き継ぎ内容を明確にしてもらう
  • 既存のマニュアルだけで審尋も問題なく業務できることを説明する

 

引き継ぎの強要で最もやっかいなことは、そのままなし崩し的に数か月~1年と会社に引き留められてしまうことです。

辞める日をはっきりとさせておかないと、上司の思い通りになってしまします。

引き継ぎ期間と退職日を明確にして上司が逆上するようであれば、別の対応策を考えるべきと言えます。

 

退職者へのパワハラ3「辞めまでの給与支給を拒否される」

退職日までの給与が支払われないなら退職代行ですぐ辞めよう

零細企業で多いのが「辞めるなら残り数週間分の給料は払えない」と言われてしまうことです。新しい人が見つかって仕事を覚えるまでタダ働きさせられてしまい、無事に退職できても尾を引くでしょう。

そもそも、タダ働きは違法です。たとえ会社関係者と友人や家族関係にあったとしても、法律では認められません。

給与が発生しないのであればすぐ退職することを伝えて、どうしても相手が理解してくれないようなら退職代行も検討しましょう。

 

退職者へのパワハラ4「仕事を与えてもらえない」

仕事が与えてもらえない場合は退職代行ですぐやめよう

退職日が数か月~1年先の人に多い問題です。

どうせ辞めるのだからと仕事を与えてもらえず、会社で所在なさげに過ごす羽目になります。最後まで責任を果たすつもりで退職の意思を伝えたのに、これでは全くやりがいがありません。

これはあまり認知されていないパワハラの一種で、女性の場合はセクハラに該当する場合もあります。妊娠や婚約を理由に業務遂行能力が下がったと見なされてしまうのは不当です。

とはいえ、この状況が改善される見込みはありません。上司が退職者に仕事を与えていない状況を、周囲が黙認しているからです。働き続けなければならない事情に目をつむり、すぐに辞めることを申し出るほかありません。

 

なぜ退職者にパワハラするのか

辞めていく人にわざわざパワハラをする理由は、会社の体質にあります。

退職を申し出た人がいることで、上司や同僚がその上層部から圧力を受けていると考えるのが自然です。そのストレスが退職する人への八つ当たりに繋がっているに過ぎません。つまり、会社そのものがパワハラ体質であり、手の付けようがないのです。

そんな体質の会社にいても、時間を無駄にするだけです。

 

まとめ:まずは毅然と対応を・それでもだめなら退職代行に

「辞めることを伝えたあとから何となく居づらい」と感じたら、その理由を考えて毅然とした対応をしましょう。

「再就職できない」「引き継ぎしないと退職は認めない」「給与は払えない・仕事は与えない」こんな言い分に正当性はありません。

どうしてもつらいと感じたら、まずは退職代行サービスに心のうちを打ち明けてみてください。